>

点メニュー

このメニューはアウトライングリフビューでのみ利用可能です。

曲線上の点(C)
選択中の点がすべて曲線上の点ならば、この項目にチェックマークがついています。これを実行すると、選択中の点がすべて曲線上の点に変換されます。
角の点(O)
選択中の点がすべて角の点ならば、この項目にチェックマークがついています。これを実行すると、選択中の点がすべて角の点に変換されます。
曲線の開始点(T)
選択中の点がすべて曲線の開始点ならば、この項目にチェックマークがついています。これを実行すると、選択中の点がすべて曲線の開始点に変換されます。
開始点に設定(M)
閉じたパスに含まれる点が 1 個だけ選択されていて、その点がパスの「最初の点」ではない場合、選択中の点がパスの最初の点に変更されます。
補間可能
補間不可能
TrueType の曲線を編集中に、曲線上の点がその両側にある制御点のちょうど中間にある場合、出力されるフォントに格納される点のリストではその点は省略可能です。これによりファイルが僅かに小さくなるので、一般的には望ましいことです。しかしながら、補間によって作成された点は、命令 (または参照点の対応づけ) の中で参照することができませんので、そのような稀な場合のために、この補間を行わないようにすることができる必要があるでしょう。
アンカーを追加(A)...
このコマンドはアンカーポイントをグリフに追加します。ウィンドウ内で直前にクリックした場所がアンカーの初期位置となります。

より詳しい情報については概要エレメント(L)情報を得る(I)コマンドの解説を参照してください。

直線に変換(L)
パス上の隣接する 2 個の点が選択されている場合、その点の間のスプラインを直線に変換します。1 個の点が選択されていて、隣接する制御点が選択されていない場合、その点から伸びる制御点をその点と同じ場所に設定します。
制御点の中点に移動(B)
TrueType では、曲線上の点が両側の制御点の中点にあるときには、その点を出力ファイルに書き込むのを省略することができます。呼のコマンドは、そのような点を簡単に作成することができます。

その他のメニュー

目次