>

acorn2sfd
Acorn RISC/OS からの変換プログラム

acorn2sfd [-version] [-help] {acorndir ...}

acorn2sfd はいくつかの Acorn RISC/OS フォントディレクトリを引数に取り、それらを FontForge の SFD ファイルに変換します。

1 個の Acorn RISC/OS フォントディレクトリには、2 個または 3 個のファイルが含まれます。1 個は Outlines* という名前で、もう 1 個は Intmetric? という名前です (Intmetric ファイルは省略可能で、その場合送り幅は不明となります)。acorn2sfd は両方のファイルを読み込み、それらを元に (FontForge によって TrueType または PostScript フォントに変換可能な) SFD ファイルを生成します。

Outlines のファイル名が (Outlines0 のように) 数字で終わる場合、Base<数字>* という名前のついた 3 番目のファイルをそのディレクトリから検索し (見つからない場合は <acorndir>/../Encodings から検索します)、見つかった場合はそのファイルからエンコーディング情報を読み込みます。見つからなかった場合は、そのフォントは Unicode の先頭部分のサブセットであるものと仮定されます。

-includestrokes acorn2sfd は通常、文字の二次的ストローク化処理を行なったバージョンを捨てますが、このオプションを指定するとそれを SFD ファイルに含めます (その後で FontForge の 輪郭を太らせる(E)... コマンドを呼び出す必要があるでしょう)。

-help は、簡単な説明と使用可能なオプション一覧を表示します。

-usage は、使用可能なオプション一覧を表示します。

-version は、現在の acorn2sfd のバージョン (ソースファイルの日付スタンプを表す数字 6 桁の文字列) を表示します。

バグ

参照

FontForge

Acorn フォントの仕様書